忍者ブログ
虹色ペリカンが、ダマスカスに出現。
37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

街では春闘まっさかり、嵐の盛りに出かけて行って見た映画
『チェ 28歳の革命/39歳 別れの手紙』

一気に二本とも見たと言うと、みんな口を揃えて讃えてくれる
実際、結構なボリュームでした。
内容も、長さも。
映画館出たら、誰も傘持ってね~~
傘袋スタンドはともかく、ゴミ箱は撤去してくれるな!
映画館入場前と、後と、天気の点では確かに世界は革命されてたかも

チェ・ゲバラの映画。
と言うよりは、ベニチオ・デル・トロの映画。

デルトロもカッコよかったし、ガエルもカッコよかったが、、
実物のゲバラはもっとカッコいんだぞ~~ォ。
と言う事実を世界中のみんなが知っているからこういう伝記映画は面白い。

映画の作り手のミーハーを共有する事が出来るので、
映画そのものと歴史のお勉強的要素とで、一粒で二度美味しい感があります。

もともと伝記は好きなのです。
本棚の中でお気に入りは、ベーブ・ルースとライト兄弟でした。


ゲバラものでは、
以前に見た『モーターサイクル・ダイアリーズ』が一番のお気に入り。
青春大好きなので。

時系列に沿って並べると、
『モーター~』
『28歳』
『別れの手紙』 ってことですね。
チェ・ゲバラ、カリスマに向けてHop・Step・Jump

勢い余って死んでしまった・・・

今も生きていたらどうなっていただろう。 と思わずにいられない。

おじさんになったチェ。
それから、世界。

どんなふうになっていたんだろう。

誰かが死んで、或いは誰かを殺したから今ある世界と、
誰かが生きて作ろうとしていた世界。
想像も付かないほどの落差です。

確かに、夭折≒ヒーロー みたいなところがあるけれど、
生きてた方がいいに決まってる。
私はそう思います。
少なくとも、本人が死にたかったはずはない。

ゲバラは結局、コロンビアでのゲリラ活動に失敗して、捕えられ処刑されます。
ゲバラの処刑を決めたコロンビア政府に、
軍事支援をしていたアメリカは最後まで反対したそうです。
死ねばゲバラが伝説になり、神格化されるから。

何て当を得た、しかし下らない心配だろう。
死んだ人を、必要以上に美化するのも、こき下ろすのも、
どっちにしろ大馬鹿野郎だと思う。

「やろうとしていたこと」ではなく、「やったこと」だけで評価されたいと思うのが
まともな人間であるはず。
だからこそ、
「やったこと」だけで 「やろうとしていたこと」を見てみたかったと思わせてしまうゲバラは、やっぱりタダモノじゃない。

でも、きっと死ぬ瞬間は怖かったに違いない。
悔しかったに違いない。

今も生きたまんま伝説みたいなカストロがこの世界には実際に居るわけで、
何だかそれも不思議です。
あのヒゲも含めて。

革命って何だろう?
大なり小なり、革命のない歴史の国はなさそうだけど。
そんな 世界のあらゆる国のあらゆる現在で、
革命って何だろう?あの革命って何だったんだろう?
と、私が今こうしてのほほんとしている瞬間にも真剣に考えている人がいるんだろうな。


も分からなくなる、、めまいしてきた・・・


思い出の曲でも引っ張り出して聴こうか。
・・・ ♪真夜中の革命 フライング・キッズ


今日の怪文


 明確な革命。

 ・・・とりあえず、日本には今も昔も未来も存在しなさそうな。。
 

拍手[0回]

PR
リッキーにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
登場人物
私(わたし) 一人称、単数。 のむらさん  お隣さん的な。 ワーニャさん 隣の漫才師? のっく   のっくはのっく
最新CM
[09/30 ワーニャ]
[09/26 ワーニャ]
[09/20 ユウ]
[07/29 ユウ]
[06/11 シンゴ]
最新TB
プロフィール
HN:
リッキー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp